副作用は全くない

基本的にエステティシャンからキャビテーションを受けていっても、体に対して害となることがほぼありません。ただし体に起こっていく反応としては、体調について一時的な変調をきたすことがあります。どうしても不快に感じてしまうようであれば、エステティシャンに相談をしてもいいでしょう。そしてカウンセリングでキャビテーションを受ける前に、どんな反応が起こっていくかを把握することもできます。心の準備をあらかじめ行えるようにしておくといいでしょう。

具体的に発症しやすいキャビテーションにおける副作用を見ていくと、まず骨伝導から起こる音響です。キャビテーションというのは高周波を脂肪吸引のため施術していく部分へと当てていきます。振動は温かくさせていきますが、この影響で耳鳴りを感じていくこともあります。骨に振動が徐々に伝わっていくとともに、耳に響くことも影響しています。音自体が体に対して害を与えることはありませんが、鳴っている時は上手くキャビテーションが進んでいる証拠となります。

次に肝臓への負担を考えていきますが、受けることによって当てている部分の脂肪が次第に分解されていきます。一旦流れた分は肝臓へと集約していき、体外へ排出します。大量に脂肪分解されると一気に肝臓に集中しますが、健康に対して被害が生まれていくことにはなりません。

着実に痩せる期間

目標どおりキャビテーションによって痩せていくために、何回か受ける必要があります。日常生活でキャビテーションを受けていき、効果を十分に実感させることができるでしょう。そのためには期間として2ヶ月から3ヶ月ほどかかってしまいますが、人によっては最初からウエストが縮んできたといった効果を体感することができます

そしてキャビテーションを受けていく際に効果を実感したい時には、週に1回ほど1ヶ月続けていきましょう。すると大幅に痩せていくが可能となっており、体重で8キロ以上痩せていくことができたという人もいます。中々ダイエットを日々実行しても痩せることができない時には、キャビテーションに頼ってみるのもいいでしょう。目標としている体型を近いうちに手に入れていきたいのであれば、何度も数ヶ月間通っていくことが重要となります。体型も変えていき、スラっとした状態へと変えていくことができます。

キャビテーションを実際に受けようとする前に、インターネットで口コミなどをチェックしてみるといいでしょう。施術を受けても痩せないもしくは効果がないという投稿を見ることもありますが、これは取り組み方を間違えていることが多いです。基本的に正しくエステティシャンからキャビテーションを受けていれば、まったく痩せないということはありません。

参考HP〈キャビテーション痩身エステ たかの友梨〉
キャビテーションを利用した痩身エステの体験コースがあるエステサロンです。